ネットショップ開店直後から売上をあげたいなら××してはダメ

こんにちは、みさとです。
この記事を見てくださっている方は物販に興味がおありの方なのだと思いますがもう販売を始められている方なのでしょうか?
それともこれから始めるために情報を収集しているといった感じでしょうか?

私がおススメしている
”自分でネットショップ制作”
でショップを作った方の中にももしかしたら作って満足される方もいらっしゃるかもしれません。

ただせっかくショップを作ったのならしっかり売り上げをだしていきたいですよね。
ネットショップは結婚と一緒で作ってからがスタートです。

今回は多くの人が陥る××しがちな点についてお話ししていきます。

オープン前から予約注文が殺到

現在運営しているネットショップ、実はオープンする前からすでに予約注文をいただいて、オープンと同時に完売商品が相次ぎました。

だいたいどのくらいの需要があるのかテストする意味でSNSのDMなどを利用して予約注文を受け付けていたのです。

予約注文分の発送に備えて梱包したり、開店前から慌ただしく、ばたばたの開店記念を迎えたのを覚えています。

そしてオープンして数分後には初めてのオンラインストアからのご注文。
あの初めての注文が入ったときのドキドキワクワクは今でも忘れられません。

予約注文とは別でオープンから数時間で20件近くのご注文をいただきました。

なぜこのようにオープンと同時にご注文をいただくことが出来たのか。
そのヒントは私の一店舗目のストア運営の経験に隠されていました。

WEBスクール在学中にオープンしたセレクトショップ

私がWEBデザインのスクールに通いながら独学で構築したファーストショップは、海外旅行に行ったときに目星を付けていたアイテムを数個ずつ直輸入で持ち帰り販売するというスタイルのセレクトショップでした。

その時はまだ子供も生まれて半年とかで育児と日常、ショップ運営ととにかくすべてが手探りという感じでした。


当時のセレクトショップはコストを最低限に抑えるためワードプレスを利用していましたが、やはりこの時も”ネットショップの作り方を教えてくれる人”は居なかったので独学で制作しました。


シンプルだけどスタイリッシュに見せてくれるテーマを選んで、全ての商品を登録して、デザインにもこだわり、トップページはhtmlなどを利用し自分で作ったページだったので、習いたてのレスポンシブ化(スマホ仕様)も組み込んで完璧に仕上げ、在学していたスクールの先生に初めて見ていただきました。


「ずっと言っていたネットショップが出来上がったので、見てください。修正したほうが良い点は全部教えてください」


その先生は男性で某有名ブランドやメーカーの広告デザインなども手掛ける方。

普段はデザイン会社を経営されているのですが、空き時間を利用してスクール講師として指導されてる方でした。

受講中も内容に付いてこれない受講者に対して、普通に叱るしこんなことで付いて来れないようなら先進めませんわ。などと言っちゃうような人…


どんなお言葉が飛んでくるだろうとドキドキで見ていただいたのです。
その先生が私に言った言葉は

「よく頑張りましたね。デザインの部分についてはその人によってのセンスがあるのでこれで良いと思います。レスポンシブもきれいに出来てます。お直しはありません。授業で習った内容がしっかり復讐されていてほんと、よく頑張ってますわ。」

でした。




あれっっっ1?!?本当ですか?
もっとここをこうしろだの言われる覚悟だったんですが…


なかなかやるじゃん私!と思いました。


先生のお墨付きもあるし、これで準備は整ったので、あとは開店するだけです!!



はい、今日から開店です!!
(開店したからと言ってお花が届くわけでもないですし、別に昨日オープンしても明日オープンしても私の自由なので、本当にこんな感じです。(笑))



………


…………。



あれ……??????????


お客さん来ないぞ????????






2日経っても3日経っても、5日経っても注文が入りません。



そうです。
大事なことを忘れていました。


ショップの広告活動を一切やっていなかったのです。



焦ってショップのInstagramを開設し商品を投稿し始めました。



私が良い!と思って仕入れた商品なのだから、きっと私のように良い!!と思ってくれる人がInstagramでうちのショップを見て買ってくれるだろうと思っていたのです。


だけどやっぱり注文には繋がらないのです。
なんでだろう…

幸い、このビジネスを始めるにあたって収入がないと生活に困る環境ではなかったので売れなくても生きていけないわけではありませんでした。
そこは救いでした。

ネットショップ制作のコストだって自分で作っているのだから0だし、レンタルサーバー代とドメイン取得代、ワードプレスのテーマ代くらいで初期費用20000もしてません。


別に売れなくても生きていけるし、じゃあ売れなくてもいっか!
じゃないんですよね。

どうしたら皆さんの目にとめてもらえるのか、どうしたら買いたいと思ってもらえるのか、たくさん考えました。


そこでInstagramを利用してプレゼントキャンペーンやカメラ好きさんへ向けたショップバナー募集みたいなイベントを打ち出したりしました。

初回から100件近いご応募をいただいて、当選者は10名ほどだったのですがそこからジワジワと広まり、オープンから1か月経ってようやく初めてのご注文をいただくことができました。

その次の月には売り上げも10万円を超えてくるようになり、数か月後には収入として手元に残るようになりました。


今はそのショップはもう運営していないのですが、ファーストショップのスタートはこんな感じでした。

本格的なブランドショップとしてオープンを迎えた2店舗

ファーストショップとはまた違うジャンルのショップですが、こちらが現在運営しているバブルバッグのお店です。
冒頭でもお伝えしたようにこちらのショップはオープン前から予約が殺到し、オープン直後からご注文をいただけました。


そうです。
一店舗目で学んだ私はあることをしていたのです。
そして、ある事をしなかったのです。


おそらく多くの人がネットショップを始める時に陥るこのパターン。
なんとなくネットショップでビジネスを始めた方なら通る道だと思います。

なのでその道を通らないようにするために、私が二店舗目で実践したことをお伝えしていきたいと思います。

多くの人が陥る罠それはずばり



ずばりお答えします。

多くに人が陥る罠、それはずばり

「完璧を求める」

です。


もう今お話しした中に全て答えは書いてあるのですが、私はとにかく完璧を目指したのです。

完璧にショップを作って完璧に商品を品ぞろえして、完璧にお客様に来ていただける状態を作って100%でお客様を迎えられる準備をしていました。

もちろんそれはとっても大事な事なのですが、それよりももっと大事な事ってなんだか分かりますか?

何よりも一番大切なのはお客様に来ていただくことですよね。


100%の態勢で待ってるから買いに来てね、じゃダメなんです。


どうしても完璧に作り上げてから公開したいという方はそれでも良いです。
ただ、オープンするまでの準備がとっても大切になります。


準備とは…オープンを迎えるまでにある程度のファンを確保しておくことです。
Facebookなどを利用して知り合いにPRしておくのか、リアルな世界での宣伝はせずに完全にWEB界に絞るのか。

PRの仕方は、その人の周りの人、環境、年齢、周りの人の環境やターゲットの絞り方など色々な要素により変わってくるのでこれが正解というのはないです。

ただ、情報を発信することでそれに対して反応を返してくれる人達がどういう層の人たちなのか、商品がどの年代に受けるのか、どういう人がターゲットとなるのか、どういう情報にニーズがあるのかなどなど探ることができるんですね。

自分が情報を発信することで、必要な情報を収集することができるんです。

その情報収集の場としてSNSを織り込むのはとっても有効的です。
一昔前は広告料を払わないと自分のショップを世に広げることなんてできなかったんです。

だけど今の時代はTwitterやFacebook、Instagram、さらにSEO対策+ショップのイベント企画などを織り込むことでショップにどんどん来てもらえる仕組みを作ることが出来ますし、その仕組みが仕上がって定期的にショップへのアクセス数が安定してくるとショップ名で検索した時くらいはグーグルの検索結果一位なんて実はそんなに難しくないんですよ♪

私がやった事とやらなかった事

一店舗目のショップ運営を踏まえて、SNSを利用してショップイベントを企画し拡散すれば売り上げに繋がってくるということが分かりました。

それをオープンする前から始めちゃおうということですね。
そしてSNSツールはあくまでもお客様とのコミュニティの場なので、SNSを通じてお客様とのコミュニケーションが図れるアカウントづくりを徹底するべきだと思います。


もし資金がたくさんあって広告費に毎月たくさんのお金を使えるのなら、インスタグラマーやモデルなどをショップのモデルとして起用したり、モデルとのコラボ企画などをどんどん打ち出して、商品をどんどん露出すれば良いと思います。

そういう場合は商品をただ投稿するだけでいいねも付きますし、あのモデルと同じ持ち物が欲しい!となり売り上げにも繋がってくるので、理想としているショップっぽいアカウントとして育てていけば良いです。



ただ私の場合は低コストで、自分の力でショップ運営というところからのスタートだったので大手ブランドと同じやり方をしてもダメだというのは気づいていました。
なのでファンとして商品に興味を持ってくださった方との交流を図るための場として現在も活用しています。

お客様からDMでご質問をいただいた際にこちらからもお客様のお声を頂戴できるような返信をしてみたり、コメント欄にお礼のコメントを残したり。
出来ることはたくさんあります。


ただやっぱり一番大きいのはファンになってくれた方とのリアルな繋がりを持つという事だと思います。
始めはInstagramやショップを通してしか交流のなかったお客様とイベントなどでお顔を合わせるようになり、今では私の名前も知ってくださっているほどです。

そういった方ほど、熱量の高いファンになってくださるので何回もリピートして購入していただけるんですね。

それにより、私ももっとお客様に喜んで欲しいとか何ができるだろうと考えるのでショップの質を上げてくれると思っています

まとめ


という事で今回はネットショップ開店直後から売上をあげたいなら【完璧にショップが出来上がるまで非公開に】してはダメ。についてお話ししてきました。

私がやったことは【ショップがまだ未完成でもどんどん露出した】
私がやらなかったことは【ショップ制作に完璧を求めなかった】
です。

ショップはお客様の声を聴いて反映して、お客様と一緒につくりあげていくものです。



これから物販を始める方の参考になると嬉しいです(#^^#)

>あなたもshopifyでネットショップオーナーになる

あなたもshopifyでネットショップオーナーになる

通常14日間無料でお試しいただけるshopifyですが、初心者が1からネットショップを構築するのに14日間ではとても足りません。
そんな方のためにショッピファイパートナーである私が半年無料でshopifyを体験していただける特別なアカウントページをお送りいたします。